え、鯨が洋風に?「本皮のセビーチェ」

暑かったり涼しかったりして、

体調崩しやすい毎日が続いていますね~。

こんなときは食欲もなくなりがち。

でも、こういう時だからこそしっかり食べたいですよね!


今回のくじられしぴは鯨の本皮を使った

暑い夏にピッタリの南米風のマリネ「セビーチェ」!


セビーチェは本来は魚介類で作りますが、本皮を使うと

脂の甘味とマリネ液の酸っぱさがマッチして

さっぱり食べられますよ~。


【材料】2~3人分

鯨の本皮 50g

玉ねぎか紫玉ねぎ 20g

イタリアンパセリなどお好みで


☆マリネ液☆

リンゴ酢 50ml

砂糖 少々

オリーブオイル 小さじ1

ライムまたはレモン 適量

塩こしょう 適量


【作り方】

1:マリネ液の材料を全て混ぜておきます。

  ここで味見をして好みの味にしておきましょう。

2:玉ねぎをみじん切りします。

3:本皮の表皮を切りおとして、白い部分を薄切りして、

  煮立てたお湯でサッと湯がきます。

  ※この表皮は捨てないで!次回以降のレシピで使います。
  密閉して冷凍保存しておいてくださいね!


4:湯がいた本皮と玉ねぎをマリネ液に漬け込みます。

5:15分ほどで美味しく食べられます。

  お好みでイタリアンパセリやパクチーなどを入れると

  綺麗で美味しいですよ~♪


レシピの印刷はこちらから!


【くじら店長のワンポイントアドバイス】


ライムと紫玉ねぎで作ったほうが南米の雰囲気がでるくじらー!


TK6_2910.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック